[リストへもどる]
一括表示
タイトル一人親方について
記事No9
投稿日: 2006/07/26(Wed) 16:00
投稿者考える人
A社という会社に一人親方が複数いるようなことはあるんでしょうか?もし、あるとしたら、どういった会社形態だとありえるのか教えてください。

タイトルRe: 一人親方について
記事No10
投稿日: 2006/07/26(Wed) 16:01
投稿者事務局
お問い合わせありがとうございます。

ご質問の件ですが、法人・個人を問わず、家族従業員のみで組織されて
おり、下請け工事を行う事業所の場合ですと、一人親方が行う事業に従
事する家族従事者も一人親方特別加入に加入することが出来るので、一
つの事業所に複数の一人親方特別加入者が存在することなります。
 
また、実態はA社の従業員のように現場で従事しているけれど、実際は
外注として各々が事業主として事業を営んでいる場合、A社に複数の一
人親方が存在するように見える場合があります。


※愛知県内で一人親方特別加入を検討されているならば是非当組合をご
利用下さい。

また、取引先等で加入を希望される方がいる場合も、当組合を是非ご紹
介ください。

タイトルRe: 一人親方について
記事No11
投稿日: 2006/07/26(Wed) 16:04
投稿者考える人
早急の返答ありがとうございます。

もう1つ質問なのですが、A社が外注として各々の事業主と事業を営んでいる場合、このA社が元請と下請契約をして工事を行うと各々の事業主は再下請という形態になるのでしょうか?

タイトルRe: 一人親方について
記事No12
投稿日: 2006/07/26(Wed) 16:05
投稿者事務局
契約形態としては、再下請(孫請)と考えていただいて結構だと思います。
この場合、孫請け業者が現場でケガ等負った時は、一人親方特別加入で傷病手当金等を受けることが出来ます。
逆に、孫請け業者が一人親方特別加入に加入せずに現場でケガ等を負った場合、元請業者が成立させている現場の労災では傷病手当金等を受けることが出来ないので注意が必要です。(A社は外注として使用しているが、孫請け業者が従業員であると思い込んでおり、一人親方特別加入に加入していない場合がまれに見受けられます。)